『津田沼駅からの道のり』リヴェール津田沼|津田沼にある『小さな不動産会社』が教える、『最適』なお部屋に巡り合うための情報サイト

暮らし×幸せ TSUNAGU

  • 運営会社情報
  • スタッフ紹介
  • 物件情報を見る
  • ご相談・ご来店予約

お部屋までの道のり

『津田沼駅からの道のり』リヴェール津田沼

伊藤 和輝

 

当社では、お客様にお部屋をお選びいただく際には、お部屋自体の情報だけではなく、

『お部屋までの道のり・周辺環境』も大切な判断材料と考えております。
そこで、今回こちらの記事では、『リヴェール津田沼』の物件概要と駅からの道のりについて、ご説明させていただきます。
主に当社が実際に現地にいって感じました点を説明しておりますので、お客様の知りたい内容と異なる場合もあるかと思います。

その場合は『こういった考え方もあるんだな!』と、一つの参考材料として捉えていただければ幸いでございます。

 

目次 (各項目をクリックすると該当の所に自動でスクロールします)

 

 

1:物件概要

物件名:リヴェール津田沼 (←詳細がご覧頂けます。募集が終了し次第、非掲載となります。)
所在地:千葉県船橋市前原東2-12-17 (グーグルの地図がご覧いただけます)
交通
:総武線『津田沼駅』 徒歩15分
:京成本線『京成津田沼駅』 徒歩18分
:新京成電鉄『新津田沼駅』 徒歩12分
構 造:木造 軽量鉄骨2階建

総戸数:8戸

専有面積:1LDK:

完成日:2006年12月

 

 

2:周辺環境・駅からの道のりについて

 
(1):周辺環境

前原東2丁目につきましては、駅から続く大通りから1本住宅地に入った、大変静かな住環境になります。

大きな通りから1本中に入っていきますため、大通りに比べますと人の通りが少なくなるのが、少し気になるポイントになってくると思いますが、その点が大丈夫な方につきましては、落ち着いた住環境が確保できますのでお勧め致します。

また、少し歩道が狭いのも、生活していくうえで気になるポイントにもなると思います。

お買い物につきましては、徒歩圏内にイオンやイトーヨーカドーといったスーパーがございます。

その他の施設も『徒歩10分圏内』にございますので、とっても便利な環境です。

★京成線の『京成津田沼駅』までも、徒歩圏内となっております。

 

(2):駅からの道のり

まずは、こちらの地図をご覧下さい。

こちらの地図では、駅までの道で『気になるポイントとなる場所』を説明していきます。

※昼間と夜の雰囲気を感じていただけるように、説明も分けております。

※写真の撮影時間

●朝:10時15分頃の雰囲気になります。

●夜:20時45分頃の雰囲気になります。

 

 

リヴェール津田沼までの地図になります。

 

 

『ポイント』

④の夜の雰囲気は大丈夫ですか?

④-⑤の道は、少し道幅が狭くなります。

⑤-⑥の歩道も狭くなります。

⑥-⑦は、住宅街になりますので、少し暗くなります。

 

 

 

①-②間の道の雰囲気になります。

 

津田沼駅のメイン通りになります。

写真は祝日の午前のものになりますので、人の通りは少ないですが、平日の朝の時間帯は、通勤される方が沢山歩いております。

 

自転車で駅までこられる方は、このように道に沿って駐輪していただくようになります。

 

 

朝の早いお時間帯でしたら『駅寄り』に止めることもできますが、時間が遅くなるにつれて、『駅から遠く』なります。

※駐輪代は『1日100円』になります。(係りの方に駐輪代をお渡ください。)

 

 

 

 

※自転車は、駅の階段の下からこの先の交差点あたりまで止められるようになっております。『早い順に駅寄り』となります。

こちらの通りでは、生活するにあたって『何でも揃ってるね!』というイメージを持っていただいても大丈夫なくらい、便利な通りとなっております。

 

 

 

 

夜はこの様な雰囲気になってきます。

街灯、各お店の電気がついておりますので、明るい通りとなっております。飲食店、居酒屋さんなども多くございますため、お酒を飲まれている人たちも多くなりますので、夜歩かれる際は、念のためお気をつけ頂きたいと思います。

※怖い雰囲気ではありませんので、ご安心下さい。

 

 

②の雰囲気になります。

 

津田沼駅のメインの交差点になります。

こちらの交差点には、セブンイレブン・ローソン・オリジン弁当などがございますので、帰り道にお買い物もすることができます。

※BAR(バー)などもございます

※左後ろ側から『右折』をしてくる車がおりますので、横断歩道を渡られる際は、お気をつけください。

 

 

 

夜も暗くありませんので、安心して歩ける雰囲気になっております。※各お店の電気がついております。

この交差点以降、歩道が狭くなっていきますので、その点が少し気になるポイントになるかもしれません。

※人と自転車はすれ違えます。

 

 

③の雰囲気になります。

 

交差点を右折しますと、このように『新京成線の線路』が出てまいります。

朝は電車の本数も多いですので、通勤時はそのお時間も計算してお家を出られたほうが良いと思います。

こちらの踏み切りは、『開かずの踏切』ではありませんので、その点はご安心ください。

 

 

 

夜はこの様な雰囲気になっております。

駅からのメイン通りに比べますと、街灯やお店の数も減りますので、少し暗くなっていきます。※この踏切までは、各お店の電気がついております。

ですが、車の交通量はございますので、真っ暗という雰囲気ではございません。

 

 

④-⑤間の道の雰囲気になります。

 

こちらの通りは、津田沼エリアのメインの通りになります。交通量が多いので、歩く時はお気をつけください。

歩道につきましては、二人で並んで歩ける幅はありますので、車道に下りなくてもすれ違いはできます。

※歩道は、平坦ではなく、少し凸凹しておりますので、歩きにくく感じるかもしれません。

 

 

 

踏み切りを渡ってから、『なか卯』までの区間は、少し暗く感じました。

特に、手前側の道はお店などもございませんので、その分暗さが気になりました。

(※凄く暗いイメージではございません。)

もし、凄く気になる方は、向かい側の道を歩かれる方が良いかもしれません。

(※念のためです。)

 

 

 

こちらの通りは、日中のお時間は車の交通量はとても多いですが、21時頃になりますと、ぐっと減りますため静かな環境になってまいります。

日中は車に気をつけて歩いてくださいね。

 

 

 

 

 

 

夜はこのような雰囲気になります。

マンションの前は、このようにエントランス・共用部分の電気がついておりますので、暗い雰囲気ではございません。

 

 

 

 

 

⑤の雰囲気になります。

 

左斜め前の方に向かって歩いていきます。

この先の道は、歩道が狭くなりますので、歩く時は気をつけて歩いて下さい。

右折する車がおりますので、信号が点滅している時に急いで渡りますと本当に危ないです。(※原付も気をつけてください。)

 

 

 

 

 

夜の交差点は、少し明るい雰囲気になっております。

右手側には『マッセリア』(レストラン)があり、お店の電気がついております。左手側に進んでいきますと、居酒屋さんと分譲マンションの共用部分の電気がちておりますので、暗い雰囲気ではございません。

 

 

⑤-⑥間の道の雰囲気になります。

 

交差点を曲がった先は、このように歩道が狭くなります。

人一人分の道幅になりますので、自転車が来た場合は、どちらかが車道に下りて避けるようなかたちとなります。

車の交通量も多い道路になりますので、歩かれるときはお気をつけください。

 

 

 

 

 

夜は、昼間と違い車の量も少なくなります。

ですが、その分スピードも出して走っておりますので、お気をつけください。

道の雰囲気につきましては、特別暗い雰囲気ではございませんので、安心して歩けます。(※怖い感じではありませんよ。)

 

 

 

 

 

反対側の道は、少し歩道が広くなっております。

ですが、この道も100メートルくらい歩きますと、先ほどのみちの幅よりも細くなり、白線で仕切られた歩道?歩道と言える幅もないくらいの道になりますので、可能であれば、先に説明いたしました方の歩道を歩かれることをお勧め致します。

 

 

 

 

夜の雰囲気は、反対側の道と同じように、明るい雰囲気になってりますので、怖くありませんよ。

ですが、街灯はやお店の明かりなどは、こちら側の方が少なくなりますので、反対側の道を歩かれた方が歩きやすいと思います。

 

 

 

 

 

少しわかりづらいかもしれませんが、反対側の歩道は、このようになっております。実際に歩きましたが、車のサイドミラーにぶつかりそうな雰囲気でしたので、少し怖かったです。

できれば、ミニストップ側を歩いていただきたいです。

 

 

 

 

 

夜の雰囲気は、ミニストップの灯りと、その先の街灯がございますので、この辺りは明るい雰囲気となっております。

この先を進みますと、少しずつではありますが、街灯の本数が減っていきますので、暗く感じると思います。

 

 

 

⑥の雰囲気になります。

 

このマンションの角を曲がって左側の道へ入っていきます。

横断ほどがございませんので、渡るときはお気をつけください。

または、ミニストップの信号で渡っていただき、こちらの曲がり角まで歩いていただくかたちとなります。マンション側は、歩道がとても狭いので、気をつけて歩いてください。

 

 

 

夜の雰囲気です。

ミニストップから、こちらの曲がり角のマンションまでの区間は少し暗くかじるかもしれません。念のため気をつけて歩いて下さい。

写真には映っておりませんが、左手側には『学習塾』がございますので、夜もあまり遅いお時間でなければ、電気がついております。

※私が歩いた時は、電気がついておりました。

 

⑥-⑦間の道の雰囲気になります。

 

大通りから1本入りますと、まずはこの様な雰囲気になります。

畑とビニールハウスがあるエリアになります。

ここを通りすぎますと住宅街に入っていきます。

※道幅は車一台分になります。

 

 

 

 

 

夜は、写真よりも暗い雰囲気になります。

街灯はございますが本数は少ないので、歩く時はお気をつけください。

※真っ暗ではないです。

※人の流れもございます。

 

 

 

 

 

 

先ほどの道を反対側から撮った写真になります。

ビニールハウスの横には、少し小さな畑が広がっております。

日中は特別気になる点はありませんでしたが、大通りへの抜け道として使う方もおりますので、車には少しお気をつけくださいませ。

 

 

 

 

夜は、このようになります。

実際はもう少し暗いイメージをもっていただきますとよいと思います。

この区間が、『少し怖いかなぁ』と感じる区間となりますので、お帰りのお時間が遅い時はお気をつけくださいませ。

※この区間をこえますと、住宅街になります。

 

 

 

ビニールハウス、畑の区間をぬけますと住宅街に入っていきます。

このあたりまできますと少し道幅もひろくなりますので、歩きやすくなります。

このように公園もございますので、日中は小さな子供たちも遊んでいます。

※アパートと一戸建てが建ち並ぶエリアです。

 

 

 

 

夜はこの様な雰囲気になります。

公園は明るい雰囲気になっておりますので、夜でも歩きやすかったです。

公園の反対側は、一戸建てが建っておりますので、そちらの門灯やお部屋の灯りもありますので、凄く暗いという感じはありませんでした。

※夜は人の通りが少なくなりますので、念のためお気をつけ下さい。

 

 

 

左手側の道から右側の道に曲がって歩いていきます。

こちらの道は、道幅があまり広くありませんので、車とすれ違うときは、気をつけて歩いて下さい。※歩道はございません。

3棟並んで建っております中の1棟が、リヴェールになります。

 

 

 

 

公園を越えてからは、少しだけですが暗く感じるかもしれませんが、

このようにアパートと街灯の灯りが、きちんとついておりますので、不安な印象は持ちませんでした。

ですが、人の通りは多くありませんでしたので、その点はお気をつけくださいませ。

 

 

 

 

アパートの入口になります。

こちらの前の道は車が走りますので、敷地内から出られるときは、お気をつけ下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

夜はこのように敷地内も電気がついておりますので、怖い雰囲気ではございません。

実際の雰囲気も、お写真と同じくらい明るかったです。

 

 

 

 

 

気になるポイントは、⑥の角から⑦へ向かう区間ですね。

道が細くなったり、ビニールハウスや畑があったりしますので、この辺りは念のためお気をつけください

 

 

 

3:お買い物や周辺施設について

 
徒歩圏内にはこういった施設がございます。

 

【お買い物】

イオン津田沼店

イトーヨーカドー

 

【コンビニ・お弁当屋さん】

セブンイレブン

ローソン

オリジン弁当

 

【病院】

津田沼周辺の病院の地図です。

 

【スポーツジムなど】

コナミスポーツクラブ津田沼

B-holic(加圧トレージングスタジオ)

 

 

 

4:リヴェール津田沼の『気になるポイント』・『おすすめポイント』

※実際に現地に行きまして、私が感じた点になります。

 

■気になるポイント■

●アパート周辺が、少しだけ暗く感じるかもしれません。

●バルコニー側は、大きな畑になっております。

 

 

■おすすめポイント■

●敷地内は電気もついておりますので、明るい雰囲気です。

●敷地の入口に門がついているのも、防犯対策になっていてよかったです。

 

 

 

5:最後に(まとめ)

 

ここまでの長い内容をお読み頂きましてありがとうございました。

お部屋をお選びになる際は、『お部屋のご希望』でお選びになるのも重要ですが、『住んだ後の生活』に重点をおいてお選びいただくことも、私は大切だと考えております。

 

特にこういった『道』の事につきましては、『住んだ後』に気づいても変える事ができないですからね!

お住まいになられた後に、『失敗した・・・』となっていただきたくないので、お部屋だけでなく、しっかりと周辺環境も含め、安心できるお部屋をお選びいただきたいと思います。

 

『住んだ後に喜んでいただけるお部屋』を、しっかりじっくり一緒に選んでいきましょう!

 

関連記事

記事のリクエストを募集しています

この記事を書いた人

伊藤 和輝

私には好きな言葉があります。それは、『親身』です! 私にとって親身とは・・・。文字の通り、『親』の『身』です。親は自分の子供を……愛し、可愛がり、叱り、守り、 無償の愛情を注いでくれますよね! 私は、そんな不動産人であり続けたいのです。ですが、まだまだ未熟者ですので、一日一日を大切にし、精進していきます。

このスタッフが書いた他の記事を見る

ページトップへ戻る