損したくない!賃貸解約のタイミング|津田沼にある『小さな不動産会社』が教える、『最適』なお部屋に巡り合うための情報サイト

暮らし×幸せ TSUNAGU

  • 運営会社情報
  • スタッフ紹介
  • 物件情報を見る
  • ご相談・ご来店予約

解約

損したくない!賃貸解約のタイミング

伊藤 和輝

損したくない!賃貸解約のタイミング

賃貸物件を解約する際には定められた期限がある様々な手続きがあるため、タイミングによっては無駄な損をするケースが発生します。

 

引っ越しが決まってから退去完了まで、損をせずスムーズに解約するポイントを紹介します。

 

 

 

 

引っ越しが決まったら契約書を確認しよう

 

引越し時期が決まったら、今住んでいる家の賃貸契約を改めて読み返しておきます。

 

契約書類には退去や解約に関する重要事項が載っており、最初に確認すべきことは「いつまでに退去予告をする必要があるか」です。貸主に引っ越しすることを伝えるタイミングを逃してしまうと、違約金の対象となります。

 

退去告知は退去日の1か月前までが一般的ですが、物件によっては2~3ヶ月前までとしているケースもあるため、見落とすことがないようにしましょう。

 

 

特に賃料と短期解約違約金についてチェック

 

特に賃料と短期解約違約金についてチェック

賃貸契約書の賃料についての記載内容を読み、契約終了月の清算方法が「日割り」か「月割り」を確認します。

 

解約タイミングが月途中のとき、日割りの場合の賃料は月初めから解約日までになりますが、月割りだと丸々1ヶ月分の家賃がかかるため、その場合は月末の引越しにすることで住んでいない期間の支払いを避けることができます。

 

また、入居期間が短期解約に該当すると違約金が発生するため、タイミングによっては契約満了日を調整することで違約金の支払いを避けられる場合もあります。

 

 

解約通知書も忘れずに

 

賃貸契約書の欄に「書面をもって解約の申し入れを行う」という旨の記載内容があれば、書面による通知を行います。もし記載がない場合は、どうやって通知を行えばよいかを管理会社に確認します。

 

解約通知書は郵送かFAXによる送付が一般的ですが、念のため送ったタイミングで「通知書が届いているか」「解約日と退去立会日や時間に間違いはないか」の電話をしておきます。受け付けられているか確認することで、後々の不要なトラブルを避けることができます。

 

 

損しないためには契約書をしっかり理解しよう

 

損しないためには契約書をしっかり理解しよう

賃貸契約書の特約欄には、解約の際に掛かる違約金の該当項目が載っていることが多いので併せて確認します。違約金が設定されている物件の主な特徴は「賃料が相場よりも明らかに安い」「敷金や礼金が不要」の場合が当てはまります。

 

また、敷金の精算、原状回復に関する事項にも目を通しておきます。契約のタイミングで「借主負担」か「貸主負担」かの説明がありますが、特約欄に記載されていることが多いので確認しておきましょう。

まとめ

賃貸の解約には気を付けるべきポイントがありますが、要点をしっかり抑えておけばスムーズに明け渡しができます。また、日ごろからこまめに管理会社と連絡をとっておくことで不要なトラブルを防げます。


 


転居先での新生活を思い描きながら、円滑に解約手続きを済ませましょう。


関連記事

記事のリクエストを募集しています

この記事を書いた人

伊藤 和輝

私には好きな言葉があります。それは、『親身』です! 私にとって親身とは・・・。文字の通り、『親』の『身』です。親は自分の子供を……愛し、可愛がり、叱り、守り、 無償の愛情を注いでくれますよね! 私は、そんな不動産人であり続けたいのです。ですが、まだまだ未熟者ですので、一日一日を大切にし、精進していきます。

このスタッフが書いた他の記事を見る

ページトップへ戻る