賃貸住宅の法人契約とは?知っておきたい基本知識|津田沼にある『小さな不動産会社』が教える、『最適』なお部屋に巡り合うための情報サイト

暮らし×幸せ TSUNAGU

  • 運営会社情報
  • スタッフ紹介
  • 物件情報を見る
  • ご相談・ご来店予約

法人契約

賃貸住宅の法人契約とは?知っておきたい基本知識

伊藤 和輝

賃貸住宅の法人契約とは?知っておきたい基本知識

賃貸契約には、個人契約と法人契約があります。それぞれにメリットがありますが、ここでは法人契約に絞って解説していきます。

 

法人契約の手続き方法、お得な点、注意点などを紹介すると同時にどう活用すべきかもアドバイスしていきます。

 

 

 

個人契約と法人契約の違いとは?

 

賃貸物件は個人以外にも法人(会社)が借りることができます。法人と貸主が契約を結ぶことを法人契約と言います。法人契約でよく見られるのは、社宅としてマンション1棟ごと賃貸契約を結ぶケース、社員を転勤させたときに、転勤先の住居を会社が借りるケース、新たなオフィスを借りるケースなどがあります。

 

個人契約では、賃貸契約を結んだ本人が家賃を払うことになりますが、法人契約では会社がかなりの費用を持ってくれるのです。したがって、一定の金額を支払うことになるにしても、入居者の負担は個人契約をするよりもずっと低く抑えられます。

 

 

法人契約の手続き方法とは?

 

法人契約の手続き方法とは?

法人契約は、会社の総務が不動産会社と取り結ぶことになります。

 

手続きの方法としては、まず入居申込書に必要事項を記入することになりますが、内容が個人の賃貸契約とは違います。法人契約では、会社名、会社所在地、代表者氏名、業種など会社に関する項目を書き入れるのです。そのあとに、入居者情報を加えます。

 

次に、必要書類を準備しますが、会社謄本、会社印鑑証明書、会社案内などが必要です。

 

連帯保証人が要るかどうかは、物件の内容や会社の信用度によっても変わってきます。連帯保証人になるのは、普通代表取締役か入居者です。契約日までに書類に実印を捺印してもらいます。

 

 

法人契約のメリットや注意点

 

法人契約では、家賃を払うのが会社なので、よほどのことがない限り支払い不能に陥ることはないだろうという判断から、審査が早くなる傾向があります。不動産業者によっては、個人契約よりも仲介手数料を安くしてくれる場合もあるのです。社宅などの入居手続きも、同じ会社に勤めている人同士の入れ替えになるので、かなり容易に済みます。

 

一方、注意点もいくつかあります。

 

まず、会社が信用の置ける組織でないと賃貸契約を結んでもらえない恐れもあるのです。

 

次に、入居者の負担が軽いとはいえ、支払わなければならない金額もあります。家賃、管理費、駐車場などの負担割合を確かめておかなくてはいけません。

 

 

法人契約をうまく活用してみよう

 

法人契約をうまく活用してみよう

何割かの負担があるとはいえ、法人契約なら個人契約の賃貸物件より入居者が支払う家賃は低くなります。そのため、将来のマイホーム資金を蓄えることもできます。

 

また、間取りや面積などは、家族構成などで選ぶことができるので、その人その人に合った生活設計ができるようになります。

 

さらに法人契約がされた物件は、交通の便がいいか会社から近いのが普通です。したがって、通勤に割く時間が短くなり、余った時間を有効活用できるようになります。

 

会社側としては、法人契約により家賃を支払っていかなくてはならず、経費が増えます。その結果、法人税が減額されるのです。

まとめ

法人契約を利用すれば、個人にとっても会社にとってもメリットがたくさんあります。だから、法人契約を正しく理解して、上手に利用するようにしましょう。


そうすれば、互いに幸福で豊かな生活が築けるようになります。


関連記事

記事のリクエストを募集しています

この記事を書いた人

伊藤 和輝

私には好きな言葉があります。それは、『親身』です! 私にとって親身とは・・・。文字の通り、『親』の『身』です。親は自分の子供を……愛し、可愛がり、叱り、守り、 無償の愛情を注いでくれますよね! 私は、そんな不動産人であり続けたいのです。ですが、まだまだ未熟者ですので、一日一日を大切にし、精進していきます。

このスタッフが書いた他の記事を見る

ページトップへ戻る