賃貸の法人契約のメリットとは?|津田沼にある『小さな不動産会社』が教える、『最適』なお部屋に巡り合うための情報サイト

暮らし×幸せ TSUNAGU

  • 運営会社情報
  • スタッフ紹介
  • 物件情報を見る
  • ご相談・ご来店予約

法人契約

賃貸の法人契約のメリットとは?

伊藤 和輝

賃貸の法人契約のメリットとは?

賃貸物件を契約する時に、個人契約よりも法人契約の方がメリットがある場合がいくつかあります。

 

賃貸物件において、法人契約は個人契約よりどのような点でメリットがあるのか、どのような点を注意すればよいのかご紹介します。

 

 

 

法人契約とはどのような契約?

 

法人契約とは個人ではなく、会社などの法人が貸主と契約することです。

 

賃貸物件を法人契約する時は、地方への社員の転勤や新しい会社の拠点を設けるときに、会社名義で契約を行うケースが多いです。個人で契約を行うよりも、会社で契約したほうが信用度があります。物件を貸す側としても会社名義の方が家賃滞納などの可能性が低いと判断する場合が多いです。

 

それらのことから、法人の方が個人よりも多くのメリットを享受することができます。

 

 

法人契約のメリットを知ろう

 

法人契約のメリットを知ろう

賃貸の法人契約のメリットの1つとして、賃貸物件にかかる保険などの費用も会社の経費で落とすことができます。会社の経費で落とすことにより、実際にその物件に住む人は個人で契約するよりも費用が安く済み、会社としても節税効果があるので、全体的に個人で契約するよりも会社名義の法人契約のほうが安く済みます。

 

また、個人よりも会社名義のほうが信頼度があるので、賃貸の契約が個人よりもスムーズに進行することが多いです。

 

 

こんな注意点をお忘れなく

 

賃貸物件を法人契約するほうが享受できるメリットは多いですが、気をつけなくてはならない点もあります。

 

まず借りる側の法人が、自分達の組織はしっかりした法人だという証明が必要になるということです。これは、もし賃貸物件で何か法的な問題が発生したら、非常に複雑な問題に発展してしまうからです。そのために必要な書類は個人よりも多く、複雑な場合が多いです。

 

また、会社の中でもどこまでが補助金の対象になるのか、連帯保証人は誰にするのかなど、個人では決められない点が多くあるので、それらのことを注意して確認をする必要があります。

 

 

メリットを活かして契約方法を選ぼう

 

メリットを活かして契約方法を選ぼう

法人契約は個人契約よりも信用度が大きいです。そのメリットを活かして賃貸物権をしっかりと調査し、契約するのが重要です。

 

管理者やオーナーと何度も挨拶や交渉を行うことによって、より信頼と理解を深める事ができます。これにより、物件の状態や気になるところをしっかりと理解でき、お互いに何度も確認しながら納得のいった契約方法を決めることが可能なため、トラブルのリスクをより軽減させた良い契約をすることができるでしょう。

まとめ

法人契約には注意点もありますが、基本的には個人で賃貸物件を契約する場合よりも、法人で契約を行ったほうがメリットが多いです。


物件の管理規約や、自身の法人の規則などをしっかり確認した上で契約することが重要です。


関連記事

記事のリクエストを募集しています

この記事を書いた人

伊藤 和輝

私には好きな言葉があります。それは、『親身』です! 私にとって親身とは・・・。文字の通り、『親』の『身』です。親は自分の子供を……愛し、可愛がり、叱り、守り、 無償の愛情を注いでくれますよね! 私は、そんな不動産人であり続けたいのです。ですが、まだまだ未熟者ですので、一日一日を大切にし、精進していきます。

このスタッフが書いた他の記事を見る

ページトップへ戻る