賃貸物件の保証会社って変更できる?|津田沼にある『小さな不動産会社』が教える、『最適』なお部屋に巡り合うための情報サイト

暮らし×幸せ TSUNAGU

  • 運営会社情報
  • スタッフ紹介
  • 物件情報を見る
  • ご相談・ご来店予約

保証人

賃貸物件の保証会社って変更できる?

伊藤 和輝

賃貸物件の保証会社って変更できる?

保証会社は正式には家賃保証会社と呼ばれ、連帯保証人を代行してくれる会社です。入居者の中には「変更したい」と考える人もいるかもしれません。

 

実際に、賃貸物件の保証会社を変更することは可能なのか説明します。

 

 

 

保証会社を変更するメリットとは

 

保証会社に加入している賃貸物件を選ぶと、入居者は必ず一定の期間ごとに更新料を支払わなければなりません。保証会社を変更することで更新料が安くなれば、余分な出費を抑えることができます。

 

家主側で管理会社変更に伴って保証会社が変わる場合は、保証料を2度支払うことになるため家主側で負担するケースがほとんどです。そうなると入居者は金銭の負担なく変更手続きを行うことができます。

 

 

保証会社を変更するデメリットとは

 

保証会社を変更するデメリットとは

保証会社を変更すると新たな会社に対して初回保証料を支払わなければなりません。賃貸の月額賃料30%~50%が相場となるため、大きな出費となってしまいます。家賃を毎月きちんと支払っている人にとっては今までの保証会社と併せて、余分な出費を2度支払うことになるのです。更新料の支払い方法などの手続きを再び行わなければならず、余分な手間と時間もかかります。

 

勿論、新たな会社に対しても更新料はかかってくるので変更しても大した節約にならないかもしれません。

 

 

保証会社の変更は大家さんが行うケースがほとんど

 

更新料が高いなどの理由で保証会社を変更したいと考えても、入居者側で個別に変えることは難しいのが実情です。賃貸経営者である家主が管理会社や保証会社を決めるケースが多くなっています。そのため入居者はどれほど不満があっても勝手に変えることはできないと言えるでしょう。

 

どうしても我慢できないという場合は、賃貸物件の変更を検討した方が良いかもしれません。ただし家主が現在の会社の契約期間中にも関わらず勝手に保証会社を変更して保証料を請求された場合は、支払わずに済むケースがあるので消費者センターなどを利用するのが得策です。

 

 

保証会社変更の仕組みを知ってトラブルを回避しよう

 

保証会社変更の仕組みを知ってトラブルを回避しよう

仮に入居者から保証会社に対して変更の旨を連絡しても家主か管理会社へ問い合わせるように促されるだけです。管理会社や保証会社はその賃貸物件に最適の会社を家主が選んでいます。保証会社は入居者それぞれと契約しているわけではなく、賃貸全体と契約していることになるので個別の対応は非常に難しくなっています。

 

ただし、入居者側で変更はできなくても解約することは可能です。毎月の延滞や物件内でのトラブルがなく、周囲に連帯保証人となってくれる人がいれば解約できるかもしれません。家主との直接交渉はトラブルとなりやすいので、管理会社を仲介して家主としっかり相談するのが良いでしょう。

まとめ

入居者側で個別に変更することは難しいものの、家主の意向次第では保証会社を変更することは可能です。初回保証料はかかりますが、更新料が安くなれば長い目で見ると節約になるかもしれません。


 


いずれの場合も家主とトラブルにならないように適切な対処を行うことが重要となります。


関連記事

記事のリクエストを募集しています

この記事を書いた人

伊藤 和輝

私には好きな言葉があります。それは、『親身』です! 私にとって親身とは・・・。文字の通り、『親』の『身』です。親は自分の子供を……愛し、可愛がり、叱り、守り、 無償の愛情を注いでくれますよね! 私は、そんな不動産人であり続けたいのです。ですが、まだまだ未熟者ですので、一日一日を大切にし、精進していきます。

このスタッフが書いた他の記事を見る

ページトップへ戻る