新築物件の賃貸契約で気をつけたい注意点!|津田沼にある『小さな不動産会社』が教える、『最適』なお部屋に巡り合うための情報サイト

暮らし×幸せ TSUNAGU

  • 運営会社情報
  • スタッフ紹介
  • 物件情報を見る
  • ご相談・ご来店予約

築年数

新築物件の賃貸契約で気をつけたい注意点!

伊藤 和輝

新築物件の賃貸契約で気をつけたい注意点!

新築物件にはいろいろな魅力が詰まっていますが、いざ賃貸契約を結ぶとなるといくつかの注意点があります。契約前にはその注意点をよく確認し、問題がないと納得する必要があります。

 

これからそのための方法を解説していくので、参考にしてください。

 

 

 

なぜ新築物件が人気なの?

 

新築物件の賃貸を希望する人はかなりの数に上りますが、まだ手付かずの部屋に入居する新鮮さは何物にも代えがたいものがあるからでしょう。床材、壁紙にしみひとつなく、清潔なことは言うまでもありません。設備にしても、オートロックやTV付インターホンなどセキュリティ面でも確かなところが多く、インターネット環境も備わり、ケーブルTV視聴可能といった物件も少なくありません。

 

それだけ人気の高い新築物件ですが、契約には注意点もあるので何点かチェックしてみましょう。

 

 

入居日が変更される可能性あり

 

入居日が変更される可能性あり

新築物件の場合、まだ建物が完成していないことがよくあります。入居はすべての工事が終わってからになりますが、これが予定通りに行かないことも考えられます。天候や施工状況により、工事終了が遅れてしまうためです。

 

そうなると、入居が遅れてしまいます。すでに入居予定日に前の賃貸物件を引き払うことになっていると、困ってしまう場合もあります。その場合には、不動産屋と交渉して退去日を変更してもらうか、一時的な仮住まいを探さなければなりません。

 

新築物件との契約ではこのような注意点があるので、予定の組み方に気を使う必要があります。

 

 

設備内容やキズなどに要注意

 

新築物件はキズや汚れがなくきれいで、設備も万全に整っていると思うのが普通ですが、予想に反して欠陥部分が見つかることがあります。

 

あまりひどいキズなどは管理会社が補修してくれるケースもありますが、多少は受け入れてもらわなければならないこともあります。設備については、水回りの状態やキッチン設備、電気系統などは入居してみないとどうなっているのかわかりづらいでしょう。

 

できれば、賃貸契約前に自分でも確認したいところですが、このような注意点があることも頭に入れておかなければなりません

 

 

注意点を踏まえて納得いく賃貸契約をしよう

 

注意点を踏まえて納得いく賃貸契約をしよう

新築物件の入居者募集は建物の完成以前に行われることも多く、実物のイメージがなかなかつかめません。もちろん、前もって不動産会社は説明をしますが、実際に見るのと聞くのとでは大きく違ってきます。

 

したがって、建物の完成時にはキズや汚れ、各設備などの注意点を踏まえながら、部屋を見学させてもらうことが重要です。入居可能日についても再度確認します。

 

もし納得がいかないのなら、賃貸契約を結ばないか、すでに契約済みならキャンセルが可能かどうか不動産会社に確かめてください。

まとめ

新築物件だから何の問題もないと考えたくなりますが、実際に住んでみないことにはつかめないこともあります。しかし、できれば入居前に細かい点まで確認しておきたいところ。


 


賃貸契約を結ぶときには、冷静な判断に基づいて、注意点をよくチェックしてから結論を下しましょう。


関連記事

記事のリクエストを募集しています

この記事を書いた人

伊藤 和輝

私には好きな言葉があります。それは、『親身』です! 私にとって親身とは・・・。文字の通り、『親』の『身』です。親は自分の子供を……愛し、可愛がり、叱り、守り、 無償の愛情を注いでくれますよね! 私は、そんな不動産人であり続けたいのです。ですが、まだまだ未熟者ですので、一日一日を大切にし、精進していきます。

このスタッフが書いた他の記事を見る

ページトップへ戻る