広告料付き|津田沼にある『小さな不動産会社』が教える、『最適』なお部屋に巡り合うための情報サイト

暮らし×幸せ TSUNAGU

  • 運営会社情報
  • スタッフ紹介
  • 物件情報を見る
  • ご相談・ご来店予約

津田沼不動産侍の日記(ブログ)

広告料

伊藤 和輝

まだまだこんな時代なんだなと・・・。

 

業者さんから内見したいとの連絡をいただいて、

鍵の所在を伝えて、

電話を切って・・・

 

少し時間が経ってから、

また電話が入って、何の確認かな?と思ったら、

『この物件は広告料でますか?』と・・・

ご紹介いただいてるお部屋は、まだ建ってから2年経っていないお部屋なので、

広告料は出していないと伝えたところ、

『あっ・・・、そうなんですね・・・』と・・・

明らかに、ご案内前のテンションと変わったのが分かった・・・笑。

 

まぁ~、営業さんの立場で考えれば

『その気持ちわかるよ!』ですが、

私の立場で考えると

『えっ、広告してもらってないのに、広告料払うの?』って感じです。笑

 

広告料って、そういうことでしょ?

室内写真撮ったり、環境を確認しに行ったり、

アピールポイントをネットに書いたり、

広告枠を買って、スーモやホームズなどに掲載したり、

そこにかかる『労力(時間)』に対する対価として

成約時に頂けるものなんじゃないんですかね?

 

あとは、

詳しくお客様に説明ができたり、

ご契約の手続きをきちんとしてくれたり(当たり前ですが)

入居後も『何かあったら何でも言ってください』という

しっかりとしたサポートをしてくれたり・・・

 

こういった事を含めてやるので、

広告料をお支払いするんですよ。

 

広告料。

これについて、皆さんはどんなものだと考えているんだろうか?

 

聞いてみたいですね。

 

 

関連記事

記事のリクエストを募集しています

この記事を書いた人

伊藤 和輝

私には好きな言葉があります。それは、『親身』です! 私にとって親身とは・・・。文字の通り、『親』の『身』です。親は自分の子供を……愛し、可愛がり、叱り、守り、 無償の愛情を注いでくれますよね! 私は、そんな不動産人であり続けたいのです。ですが、まだまだ未熟者ですので、一日一日を大切にし、精進していきます。

このスタッフが書いた他の記事を見る

ページトップへ戻る