気持ち悪いのよ。|津田沼にある『小さな不動産会社』が教える、『最適』なお部屋に巡り合うための情報サイト

暮らし×幸せ TSUNAGU

  • 運営会社情報
  • スタッフ紹介
  • 物件情報を見る
  • ご相談・ご来店予約

津田沼不動産侍の日記(ブログ)

気持ち悪いのよ。

伊藤 和輝

知っている事を言わない。

 

ものすごく気持ちが悪くて、

罪悪感があって、

何か、胸のあたりがもやもやしたり

心が不安になります。

 

 

★うそでしょ??って思うかもしれませんが、

イメージとしては、少し前までテレビで放送されていた

『正直不動産』のように、『風が吹く』感じですかね・・・。笑

※私の場合は、『そわそわする感じ』ですが・・・。笑

 

 

 

だから、

自分の知っている範囲の事や

自分が知ることができた情報

などについては、

必ず伝えるようにしています。

 

それが、お申込みを頂いた後だろうが

そんなの関係なく・・・。

それを伝えて、お客様が再度考えて、

それでキャンセルしてくれるなら、

住む前なので、私としても『助かった』っと思えます。

 

 

住んだ後に

『えっ・・・』となられては、

絶対にすぐに退去したいと思うだろうし、

『失敗したなぁ~、この部屋・・・』と

ずーと記憶に残ってしまい、

二度と引っ越しをしたいと思わなくなるし、

もし、もう一度引っ越しをする時は、

ものすごく慎重になってしまうと思うので・・・。

 

一番良いのは、

全て確認がとれて、きちんと情報提供ができて、

それで判断ができればベストなのですが、

やはり、『知らない事』もあるので、

それは、どうしてもご案内の次の日だったりとか、

私も冷静になって、再度『気になる点がないか』を

お客様の立場になって自分なりに考えてみることで

出てくることもあるので、

それを確認してから報告すると、

どうしても、時間の差がでてしまう。

 

でも、必ず伝えるようにしています。

 

私は『お申込やご契約(鍵渡し)が完了した時』を

お部屋探しのゴールにはしていません。

 

『お客様が住み始めてから』何年か経って、

再度お部屋探しをされる時にお声掛け頂いた時に、

その時のお部屋探しが『ゴール』したんだと思うようにしています。

 

だから、

言い方は少し違うかもしれませんが、

『お部屋が決まる、ご契約をいただく、』

そういったことはあまり気にしていません。

 

一番は、

お客様に

『住んだ後に喜んでいただけるお部屋と住環境を提供する』

 

住んだ後に・・・

住んだ後に・・・

とにかく、『住んだ後』が大事なんですよ。

 

だから、きちんと伝えるようにしています。

 

自分の友人や大切な人には、絶対に言いますからね。

その感覚です。

 

 

関連記事

記事のリクエストを募集しています

この記事を書いた人

伊藤 和輝

私には好きな言葉があります。それは、『親身』です! 私にとって親身とは・・・。文字の通り、『親』の『身』です。親は自分の子供を……愛し、可愛がり、叱り、守り、 無償の愛情を注いでくれますよね! 私は、そんな不動産人であり続けたいのです。ですが、まだまだ未熟者ですので、一日一日を大切にし、精進していきます。

このスタッフが書いた他の記事を見る

ページトップへ戻る