感覚|津田沼にある『小さな不動産会社』が教える、『最適』なお部屋に巡り合うための情報サイト

暮らし×幸せ TSUNAGU

  • 運営会社情報
  • スタッフ紹介
  • 物件情報を見る
  • ご相談・ご来店予約

津田沼不動産侍の日記(ブログ)

感覚

伊藤 和輝

ピンとこない。

何か・・・違う。

こういった『感覚』を内見する時にすごく大事にしています。

 

お部屋の希望(家賃・場所・設備など)があっていても

そのお部屋で感じる『感覚』は、お客様それぞれ異なるので、

そこがずれていたら、どんなに他の希望が合っていても

絶対に勧めない。

 

そういう『少し違う』ようなものを感じたお部屋に

『これしかないからここにするか・・・』と住んでしまうと、

だいたい失敗して、すぐに次の部屋を探し始めます。

※でも、引っ越して間もないので金銭的な問題で引っ越せない方が多いですが・・・。

 

こういった感覚は、100%お客様寄りで判断した方が絶対に良いです。

 

慣れますよ!とか

そうですか?気になりますかね?とか、

営業側の『押したい気持ち』は一切いらない。

 

自分がそういう気持ちになったらどうしてほしいか・・・。

 

ここにポイントを置いて、

きちんと寄り添って一緒に判断してほしいですね。

すごく大事なことなので・・・。

 

関連記事

記事のリクエストを募集しています

この記事を書いた人

伊藤 和輝

私には好きな言葉があります。それは、『親身』です! 私にとって親身とは・・・。文字の通り、『親』の『身』です。親は自分の子供を……愛し、可愛がり、叱り、守り、 無償の愛情を注いでくれますよね! 私は、そんな不動産人であり続けたいのです。ですが、まだまだ未熟者ですので、一日一日を大切にし、精進していきます。

このスタッフが書いた他の記事を見る

ページトップへ戻る