鍵渡しで|津田沼にある『小さな不動産会社』が教える、『最適』なお部屋に巡り合うための情報サイト

暮らし×幸せ TSUNAGU

  • 運営会社情報
  • スタッフ紹介
  • 物件情報を見る
  • ご相談・ご来店予約

津田沼不動産侍の日記(ブログ)

鍵渡しで

伊藤 和輝

3月も終わりに近づくにつてれ、

鍵のお引渡しのお客様が増えてきています。

 

これから始まる新生活のスタートになる日は、

しっかりと送り出してあげたいという気持ちを持って、

毎回、どのお客様にも対応させて頂いています。

 

なので、鍵渡しの前日から鍵渡しが終わって、

約半日くらいは緊張が続きます。

 

鍵のお引渡しの前には、必ず『室内の最終チェック』をして、

傷や汚れなどがないか、お預かりした鍵は、きちんと合っているか?

なども確認して、当日の鍵渡しを迎えるようにしていますが、

お客様の視点(感覚)と私の視点(感覚)が異なる事もありますので、

何かあった時にすぐに対応ができるようにしています。

 

なので、鍵のお引渡しが終わっても『緊張』が続くんです。

 

でも、そのくらい緊張感があって当然だと思います。

この仕事は、お客様の人生にかかわる仕事ですからね。

 

人生は、

選んだお部屋、住んだお部屋によって、大きく変わります。

そこにかかわるこの仕事は、とても大きな責任を背負っています。

 

その気持ちを

こうして鍵渡しの時に改めて感じています。

 

 

関連記事

記事のリクエストを募集しています

この記事を書いた人

伊藤 和輝

私には好きな言葉があります。それは、『親身』です! 私にとって親身とは・・・。文字の通り、『親』の『身』です。親は自分の子供を……愛し、可愛がり、叱り、守り、 無償の愛情を注いでくれますよね! 私は、そんな不動産人であり続けたいのです。ですが、まだまだ未熟者ですので、一日一日を大切にし、精進していきます。

このスタッフが書いた他の記事を見る

ページトップへ戻る