ギリギリだと|津田沼にある『小さな不動産会社』が教える、『最適』なお部屋に巡り合うための情報サイト

暮らし×幸せ TSUNAGU

  • 運営会社情報
  • スタッフ紹介
  • 物件情報を見る
  • ご相談・ご来店予約

津田沼不動産侍の日記(ブログ)

ギリギリだと

伊藤 和輝

やっぱり・・・

何事にも余裕をもって取り組んだ方が良いと

改めて感じました。

 

期限まで、まだまだ時間や日にちがある時は、

確認ができたり、修正ができますが、

それがぎりぎりになってからやると

多くの場合、確認漏れやミスが起こる可能性が高くなります。

 

また、『ぎりぎりの場合』は、修正などが起こった時に対応ができないので、

相手側の事を考えない行動になったり、発言になったりする。

 

ミスをしたのは自分なのに、対応できない理由を探して正当化してしまう。

 

そういった言葉や対応を受けた側が、どのように思うかどうかなんて、

きっと全く気にしていないんでしょう・・・。

 

忙しい時、時間がない時ほど、

取り組むタイミングを早くしたり、

少しだけでも時間を多くとれるように工夫したりすれば、

何にも問題は起こらないと思うのに・・・。

 

自分も気をつけようと思います。

 

関連記事

記事のリクエストを募集しています

この記事を書いた人

伊藤 和輝

私には好きな言葉があります。それは、『親身』です! 私にとって親身とは・・・。文字の通り、『親』の『身』です。親は自分の子供を……愛し、可愛がり、叱り、守り、 無償の愛情を注いでくれますよね! 私は、そんな不動産人であり続けたいのです。ですが、まだまだ未熟者ですので、一日一日を大切にし、精進していきます。

このスタッフが書いた他の記事を見る

ページトップへ戻る