最近多い|津田沼にある『小さな不動産会社』が教える、『最適』なお部屋に巡り合うための情報サイト

暮らし×幸せ TSUNAGU

  • 運営会社情報
  • スタッフ紹介
  • 物件情報を見る
  • ご相談・ご来店予約

津田沼不動産侍の日記(ブログ)

最近思う事

伊藤 和輝

最近の津田沼市場・・・・、

まぁ~、最近の話でもないのですが、

ものすごく『キャンセル情報』が多くなってきているのを感じます。

 

どうしてもキャンセルをしないとならない状況になってしまったのなら

それは仕方がないと思いますので、

きちんとその理由を説明していただければ、何の問題もありません。

 

それは、私に対してもそうですが、

お部屋を管理している会社さんに対しても、

そして、お部屋を所有している大家様に対しても、

きちんと私から説明ができて、謝罪をすれば問題なく収まるケースが大半です。

 

ですが、何でしょうね?

理由はよくわからないのですが、

昨日申込があって、今日には募集が再開している。

 

何で?

こんなことが起こるのでしょうか?

 

お部屋を選んで決めるのはお客様で、

何で、お客様の意思でお決めになられているのに、

すぐにキャンセルになって、募集が再開するのだろう???

 

きちんとお客様が『このお部屋だな!』と

判断できるような情報を得たうえでお部屋を決めていたら、

そんなことは起こらないと思う。

 

そういった状態にまでお客様の満足度・納得度が高まっていない状態で、

『ここにしよう!』となっていたら、

それは『キャンセル』になる確率はものすごく高くなりますし、

お客様も不安になってしまいますね。

 

どうなんだろう?

不動産業に携わるプロとして、、、

それでいいのだろうか?

 

お客様は、最適なお部屋をお求めていますが、

本当に『お部屋』だけなんでしょうか?

 

何か、それは違う気がしますし、

私はそうじゃないと思って、お客様に向き合っています。

 

世の中が便利になった分、

色々ものが簡単になって、色々なことの感覚が軽くなった。

そして、本来大事にしないといけないもの価値というか存在が薄くなった。

 

だから、こういった現象(状態)が、普通のように起こるようになったんだと思う。

 

今の賃貸業界の感覚は、

すごく危険な状況になってきている気がします。

 

 

と、今朝思いました。

関連記事

記事のリクエストを募集しています

この記事を書いた人

伊藤 和輝

私には好きな言葉があります。それは、『親身』です! 私にとって親身とは・・・。文字の通り、『親』の『身』です。親は自分の子供を……愛し、可愛がり、叱り、守り、 無償の愛情を注いでくれますよね! 私は、そんな不動産人であり続けたいのです。ですが、まだまだ未熟者ですので、一日一日を大切にし、精進していきます。

このスタッフが書いた他の記事を見る

ページトップへ戻る