知らない|津田沼にある『小さな不動産会社』が教える、『最適』なお部屋に巡り合うための情報サイト

暮らし×幸せ TSUNAGU

  • 運営会社情報
  • スタッフ紹介
  • 物件情報を見る
  • ご相談・ご来店予約

津田沼不動産侍の日記(ブログ)

知らない

伊藤 和輝

もう何年か前になりますが、

とあるお部屋で事故がり、

事故直後の募集の家賃は、その当時募集していた家賃の半額に・・・。

 

それで、そのお部屋に入居者が決まってからは、

他のお部屋で退去があっても、

大体が『退去前』に申込が入って、募集は終了していく。

 

津田沼市場では、人気があるお部屋なのですが、

私は、事故内容などを知っているで、

積極的にはお勧めしないし、

必ず『マンション内で事故がありましたよ!』と伝えて、

気に入っていても辞めて頂くようにしている。

 

だから、事故以来、

私のお客様がそこに入居することはなくなった。

 

『マンション内のどこかのお部屋』なので、

『そのお部屋じゃなかったら大丈夫です』というお客様にはよいかもしれませんが、

事故の事をしならいで、住んでしまっている方もいるかもしれません。

 

前に、知り合いが働いている会社の営業さんが

そのマンションのご契約をいただいていたので、

『事故があったの知ってる?』と質問したら、

『えっ!』と言ってビックリしていたことを思い出したので・・・。

 

今回は、『知らなかった』というお客様が

入居していない事を祈ります。

 

 

関連記事

記事のリクエストを募集しています

この記事を書いた人

伊藤 和輝

私には好きな言葉があります。それは、『親身』です! 私にとって親身とは・・・。文字の通り、『親』の『身』です。親は自分の子供を……愛し、可愛がり、叱り、守り、 無償の愛情を注いでくれますよね! 私は、そんな不動産人であり続けたいのです。ですが、まだまだ未熟者ですので、一日一日を大切にし、精進していきます。

このスタッフが書いた他の記事を見る

ページトップへ戻る