この想いだから|津田沼にある『小さな不動産会社』が教える、『最適』なお部屋に巡り合うための情報サイト

暮らし×幸せ TSUNAGU

  • 運営会社情報
  • スタッフ紹介
  • 物件情報を見る
  • ご相談・ご来店予約

津田沼不動産侍の日記(ブログ)

この想いだから

伊藤 和輝

ハウスコネクトの社長のブログ 津田沼不動産侍の日記

 

 

こちらでは、住んだ後に喜んでいただけるお部屋を一緒に探して一緒に選んでいくために、

日々追求している行動や心構えを書いております。

 

 

 

お客様の人生で幾度とないお部屋探しのその大切な1回に本気で一緒に向き合いたいので

当社は1日2組の完全ご予約制というかたちとさせていただいております。

 

この想い、このスタイル

だからこそできることがある。

 

先日ご来店いただきましたお客様

 

午前の10時ご来店いただき、じっくりとお話をお聞きした後、

お部屋をお調べして、ご紹介。

 

3件ご希望に近いお部屋が見つかったので、

実際にお部屋を見に現地へ。

 

3件見終わり、最後のお部屋が一番ご希望に近かったので、

お申込をしたいということなので、事務所にもどってお手続きへ。

 

ただ、私の『本当に大丈夫ですか?』のアンテナが敏感に反応し始めたので、

お申込書をご記入されているお客様の表情を伺い、

『やっぱりこのお部屋じゃない!』と確信したので・・・

 

『本当にこのお部屋で大丈夫ですか?』

『私の勝手な勘違いだったら申し訳ないですが、何だかこのお部屋じゃない気がするんです』

と、はっきりとお伝えした結果、

 

『探しても探しても、なかなか無いので妥協して、もうこの部屋かなって思ったので・・。』

という状態でのお申込だった。

 

こういった状態で、お部屋をお決めになられるお客様のお気持ちも本当に良くわかります。

 

ですが、『その状態』や『その満足度』でのお部屋のお申込は、

住んだ後に絶対に喜んでいただけないので、当社ではお受付することができません。

 

当社でお受付しているお申込は、『本当にご満足頂けるお部屋に巡り合えた時』のみです。

※それに巡り合えるまでは、徹底してお付合いさせていただきます。

 

なので、再度一緒に話し合いをして、少しだけご希望を変更していただき、

無事にご満足いただけるお部屋と巡り合っていただくことができました。

 

お申込書を記入している表情も全く違いました。

 

終わった時間は19時と、1日掛かりましたが、本当に良かったです。

 

 

ただただ、沢山の時間をかける事が良いとは私も思いませんが、

良いお部屋に巡り合うために、しっかりじっくりと

お客様と一緒の時間をともにして、全力を尽くすことは良いと思う。

 

何を目的とするか?

 

当社を通してお引越しをして頂いたお客様に、住んだ後に喜んでいただくこと。

そして、今より少しでも幸せな毎日を過ごしていただくこと。

 

だから、私も本気になる。

 

継続していきます。

関連記事

記事のリクエストを募集しています

この記事を書いた人

伊藤 和輝

私には好きな言葉があります。それは、『親身』です! 私にとって親身とは・・・。文字の通り、『親』の『身』です。親は自分の子供を……愛し、可愛がり、叱り、守り、 無償の愛情を注いでくれますよね! 私は、そんな不動産人であり続けたいのです。ですが、まだまだ未熟者ですので、一日一日を大切にし、精進していきます。

このスタッフが書いた他の記事を見る

ページトップへ戻る