横取り30万はしない!|津田沼にある『小さな不動産会社』が教える、『最適』なお部屋に巡り合うための情報サイト

暮らし×幸せ TSUNAGU

  • 運営会社情報
  • スタッフ紹介
  • 物件情報を見る
  • ご相談・ご来店予約

津田沼不動産侍の日記(ブログ)

横取り30万はしない!

伊藤 和輝

ご来店いただき、一度お会いしてお話しをさせていただきましたお客様のお部屋探しは、

その方の想いも感じることができるので、ものすごく力がはいります。

 

メールだけやりとりのお客様のお部屋探しには

力が入らないという事ではなく、

お会いすると、お互いに気持ちが通うというか・・・、

何というか・・・。

感情が湧くというか・・・。

 

なので、絶対に『最適なお部屋を見つけるぞ!』と気合も入りますが・・・

たまには上手くいかず、他の会社さんでお決めになられることもあります。

これは、私の頑張りが足りなかったことが原因なので・・・。

 

ただ、当社にご来店いただきます前に、

既に検討しているお部屋があるお客様もいらっしゃいますので、

その場合は、検討されているお部屋の情報もきちんとお伺いして、

本当にそのお部屋がお客様のご希望とピッタリなのかどうかも

一緒に判断していきます。

 

私も全力でお探しして、それでも『そのお部屋』が一番ご希望に合っていると

判断できる場合は、『そのお部屋が良いと思います!』と

きちんと正直にお伝えして、そのお部屋をご覧になられた不動産会社さんで

お決めいただくようにお話します。

 

昔だったら、『そのお部屋はうちでも扱えるので、うちでご契約してください!』

といったことをお客様に言っていたと思いますが、

今は、お客様からそういったことを言われてもお断りをしています。

理由は、そのお部屋をご案内してくださった会社さんやその営業さんも

そのお客様のために大切な時間を使っているからです。

それを『ありがとうございます!』と、『横取り』するようなことはできません。

なので、きちんと理由を説明して、お断りしています。

 

ただ、『お客様の理由』によってはお断りができない時もありますので、

その時は、もう一度一緒にお部屋を見に行って、

『私の視点できちんと説明をして、ご納得いただけてから』に

していただいています。

 

それでも、少し『気持ち悪さ』みたいなのは残りますけどね・・・。

 

変な強い拘りみたいなものを持っているので、

『え!何で契約しないの?』と同業の方からも思われるかもしれませんが、

自分がそれをされたらすごく嫌なので、だからやらない。

反対に自分がそれをやれば、絶対にどこかで同じことが起こります。

 

そういう業界の『間違った当り前』を少しでも変えていきたいので、

絶対に私はやらない。

 

 

関連記事

記事のリクエストを募集しています

この記事を書いた人

伊藤 和輝

私には好きな言葉があります。それは、『親身』です! 私にとって親身とは・・・。文字の通り、『親』の『身』です。親は自分の子供を……愛し、可愛がり、叱り、守り、 無償の愛情を注いでくれますよね! 私は、そんな不動産人であり続けたいのです。ですが、まだまだ未熟者ですので、一日一日を大切にし、精進していきます。

このスタッフが書いた他の記事を見る

ページトップへ戻る