茶会に臨む際には、その機会は二度と繰り返されることのない、

一生に一度の出会いであるということを心得て、

亭主・客ともに互いに誠意を尽くす心構えを意味する

 

茶会に限らず、広く「あなたとこうして出会っているこの時間は、

二度と巡っては来ないたった一度きりのものです。

だから、この一瞬を大切に思い、今出来る最高のおもてなしをしましょう」

という含意で用いられ、さらに「これからも何度でも会うことはあるだろうが、

もしかしたら二度とは会えないかもしれないという覚悟で人には接しなさい」と

戒める言葉。