あと10日|津田沼にある『小さな不動産会社』が教える、『最適』なお部屋に巡り合うための情報サイト

暮らし×幸せ TSUNAGU

  • 運営会社情報
  • スタッフ紹介
  • 物件情報を見る
  • ご相談・ご来店予約

津田沼不動産侍の日記(ブログ)

あと10日

伊藤 和輝

あと10日で宅建の試験日。

年に1回しかないので、この日に向かって試験を受ける人は、

今も全力を注いでいると思います。

 

特に10月に入ると、

試験が迫ってきているのを実感し始めるので、

緊張したり、不安になったりして、

今までできていた問題も間違えたり、答えるのにも時間がかかったり。

 

合格ラインギリギリの人たちは、

『今年はだめかも・・』と思い始めて、諦め始めている人も出てきたり・・・。

 

気持は、本当によくわかります。

 

私も約10年くらい前に、それを体験しているので・・。

 

ただ、もうここまできたら、

『どれだけ取引士の免許が欲しいかどうか』だけです。

 

不安で過ごしても仕方ないですしし・・・、

だったら、最後の最後まで粘って気合いで勉強して、

『俺はこんだけ勉強したら大丈夫だ!』という自信を持って、当日を迎えたほうが絶対に良いです。

 

なぜなら、会場にはすごい沢山の人が来ますので、

その人数に圧倒されて、より一層不安になりますからね。

 

だから、そこで雰囲気に飲まれないように、

自分に自信つけて、試験日を迎える事が大事です。

 

今、不安になっている人は、この二つをイメージしてみて下さい。

 

1:最後の最後までやりきって、自身を持って会場入りし、

今年『取引士』の免許を取りきった自分。

 

2:不安だ不安だ言って、最後はまで頑張れ切る事ができず、

不安のまま会場入りし、会場でも参考書を広げて確認している状態で、

試験に臨もうとしている自分。

もう一年『今年と同じように宅建の勉強をしている』自分。

 

どっちがいいですか?

もう一年、同じことに大切な時間を使いますか?

嫌なら、最後の最後まで粘ってやりきってください!

 

脳みそ筋肉の私でも、気合いでやりきれば免許は取れるんです!

 

 

最後は、あなたの

取引士の免許を取る『目的』と『想い』、

そして、やりきるという『気合い』と『根性』です。

 

残すは、あと10日です!

 

関連記事

記事のリクエストを募集しています

この記事を書いた人

伊藤 和輝

私には好きな言葉があります。それは、『親身』です! 私にとって親身とは・・・。文字の通り、『親』の『身』です。親は自分の子供を……愛し、可愛がり、叱り、守り、 無償の愛情を注いでくれますよね! 私は、そんな不動産人であり続けたいのです。ですが、まだまだ未熟者ですので、一日一日を大切にし、精進していきます。

このスタッフが書いた他の記事を見る

ページトップへ戻る