店内はどうですか?|津田沼にある『小さな不動産会社』が教える、『最適』なお部屋に巡り合うための情報サイト

暮らし×幸せ TSUNAGU

  • 運営会社情報
  • スタッフ紹介
  • 物件情報を見る
  • ご相談・ご来店予約

津田沼不動産侍の日記(ブログ)

店内はどうですか?

伊藤 和輝

以前勤めていた会社の次長に

お店を綺麗に保つ方法を教えていただいたことがあります。

 

その考え方は、すごくシンプルで、誰でもできる事なのですが、

それをしようと心がけないと、絶対に汚くなっていきます。

 

次長からの教えは、こうです。

 

自分達が使いやすいと思えるお店にすると汚くなる!

自分達が使いづらいと思える状態が、お店が綺麗に保てている証拠!

 

何でも手が届く範囲にある

席を立たないでも何でもできる

これは、お客様の目に入る範囲に何でも出ている状態なので、

きっと地図やペンたて、物件資料が机や棚の上に出ていると思います。

 

それを見てお客様がどう思うか?

きっと、綺麗なお店!とは思わないと思います。

 

 

私は、そいうのが嫌いなので、

地図やペンたてなど、普段使うものも全部引き出しや棚の中に閉まっています。

 

お店を綺麗にしておくのも、お客様に対する想いの表れだと思います。

 

どんなに良い接客をしても、

どんなに良いお部屋をご紹介しても、

お店の中が汚かったら、お客様の満足度は落ちると思います。

 

毎日同じ場所にいますので、

なかなか気づけなくなってきていると思いますが、

 

そういう時は、

もう一度、カウンターの外側に立って、

お店の入口付近に立って

店内を見てみるとよいと思いますよ。

 

それが、お客様が見てるお店の印象なので・・・。

 

私は、こういう事が本当に大事だと思います。

※なので、すごくうるさいです。(笑)

 

 

関連記事

記事のリクエストを募集しています

この記事を書いた人

伊藤 和輝

私には好きな言葉があります。それは、『親身』です! 私にとって親身とは・・・。文字の通り、『親』の『身』です。親は自分の子供を……愛し、可愛がり、叱り、守り、 無償の愛情を注いでくれますよね! 私は、そんな不動産人であり続けたいのです。ですが、まだまだ未熟者ですので、一日一日を大切にし、精進していきます。

このスタッフが書いた他の記事を見る

ページトップへ戻る