心配性|津田沼にある『小さな不動産会社』が教える、『最適』なお部屋に巡り合うための情報サイト

暮らし×幸せ TSUNAGU

  • 運営会社情報
  • スタッフ紹介
  • 物件情報を見る
  • ご相談・ご来店予約

津田沼不動産侍の日記(ブログ)

心配性

伊藤 和輝

ハウスコネクトの社長のブログ 津田沼不動産侍の日記

 

 

こちらでは、住んだ後に喜んでいただけるお部屋を一緒に探して一緒に選んでいくために、

日々追求している行動や心構えを書いております。

 

 

 

約14年前にこの業界に入ってから、

すごく心配性になったと思います

 

1・2年は、売上ばっかり気にして仕事をしていたので、

ミスも多かったし、お客様よりご指摘、ご指導をいただり、

怒られたりすることもたくさんあった

 

でも、それが何んでかもわかならないかったくらい、

自分の事しか見えていなかったから、こういった事が多かったのだと、

今は考えられるようになっている

 

これって、すごく簡単なことで、

この仕事をする『目的は何か?』を、きちんと明確にすることと、

決めたも目的を絶対に曲げずに、貫き通すこと

 

これだけです。

 

私が動ける原動力になっているものは、たくさんありますが、

その中でも、常に軸になっているのは、

 

『自分の事のように考える』

『自分は住まないので、お客様以上に気になるところを見る、伝える』

です。

 

なので、自分のこと以上に、いっつも心配になりますし、

お部屋が決まり、鍵のお引渡しまでの間に、

何度もお部屋をチェックしにいきます。

 

気になったことがあると、不安になってしまうので

 

でも、これって普通のことですよね。

自分はそのお部屋には住まいですから・・・。

 

お客様が住んだ後に困らないようにしたいので、

 

心配性

この仕事をするうえで、本当に大切なことですね。

 

 

関連記事

記事のリクエストを募集しています

この記事を書いた人

伊藤 和輝

私には好きな言葉があります。それは、『親身』です! 私にとって親身とは・・・。文字の通り、『親』の『身』です。親は自分の子供を……愛し、可愛がり、叱り、守り、 無償の愛情を注いでくれますよね! 私は、そんな不動産人であり続けたいのです。ですが、まだまだ未熟者ですので、一日一日を大切にし、精進していきます。

このスタッフが書いた他の記事を見る

ページトップへ戻る