確認は責任感です!|津田沼にある『小さな不動産会社』が教える、『最適』なお部屋に巡り合うための情報サイト

暮らし×幸せ TSUNAGU

  • 運営会社情報
  • スタッフ紹介
  • 物件情報を見る
  • ご相談・ご来店予約

津田沼不動産侍の日記(ブログ)

確認は責任感です!

伊藤 和輝

ハウスコネクトの社長のブログ 津田沼不動産侍の日記

 

 

こちらでは、住んだ後に喜んでいただけるお部屋を一緒に探して一緒に選んでいくために、

日々追求している行動や心構えを書いております。

 

 

 

この業界に入って14年。

 

業界の右も左もわからない頃から

私を指導をしてくださっている大家様のお部屋の

リフォームが終わったので、

朝の8時30分から、大家様・リフォーム業者・私で

室内の『最終チェック』。

 

この3者で一緒にお仕事をするようになってから約9年くらいになります。

何でも正直に言えるので、リフォームも募集もスムーズに行えます。

 

ただ、今回のお部屋は当社とは違う仲介会社様より

ご入居いただいたお客様のご退去でしたので、

本来でしたら『その会社様』が、リフォーム後の最終チェックを行うのが

基本的な流れだと思います。

※他のお部屋の時も、その会社様は『最終チェック』をしていなかったので・・。

 

今回は、大家様の依頼があって『最終チェック』に参加したわけではなく、

リフォーム業者様より

『伊藤君一緒に見てくんない?』との依頼があり、参加しました。

 

依頼があった理由は、

大家様が所有されている他のマンションで、先日ご退去があり、

次にご入居されるお客様が私のお客様でしたので、

リフォーム後の状況が凄く気になってしまい、

最終チェックにいったところ、

『えっ?クリーニング入ったの?』という状況だった。

 

その事をリフォーム業者に伝え、

何とか入居の前までに、完了させることができた。

 

その時に、リフォーム業者の方から、

『伊藤君は細かいよね!』

と言われ、

 

それに対して、

『当たり前でしょ!だってお客様の新生活ですよ!

しかも、初めての一人暮らしだし、人生初めての引越しで、

楽しい生活ができると思って、玄関のドアを開けて部屋に入ったら

クリーニングが隅々までいきわたっていないような状態だったら、

この部屋にしなきゃよかったって思うでしょ?

お客様の気持ちを考えたら、絶対に細かくないとダメでしょ!

自分だったら、この部屋の状態じゃ絶対に住めないし、

住んだとしても、すぐに不動産屋に電話するよね!

だから、細かくてあたりまでしょ!』

 

この気持ちが、きちんと伝わったからだと思います。

 

『最終チェック』をする事が大事なのではありません。

 

自分がお客様の立場になって考えてみたら、

見に行かないことの方が心配だと思います。

 

もし、それができないのであれば、

その仕事は請けない方がよいと思います。

 

仕事を依頼するときは、

自分の仕事をお願いしている訳なので、

最後は自分で確認する事が基本だと思います。

 

リフォーム業者様に依頼をしたら、

完了していないのは、リフォーム業者の責任だ!

なんて事は、絶対に言えない。

だって、頼んでいるので自分達ですからね!

 

それがわからないのかなぁ??

 

できないなら、身の丈にあった仕事量に調整することも大事だと思います。

 

満足度や充実感を追求するのであれば、

そういった細かいところに手を抜いてはいけない。

 

責任感を持って、お客様の笑顔のためにやりましょう!!

 

 

関連記事

記事のリクエストを募集しています

この記事を書いた人

伊藤 和輝

私には好きな言葉があります。それは、『親身』です! 私にとって親身とは・・・。文字の通り、『親』の『身』です。親は自分の子供を……愛し、可愛がり、叱り、守り、 無償の愛情を注いでくれますよね! 私は、そんな不動産人であり続けたいのです。ですが、まだまだ未熟者ですので、一日一日を大切にし、精進していきます。

このスタッフが書いた他の記事を見る

ページトップへ戻る