旧友と内見|津田沼にある『小さな不動産会社』が教える、『最適』なお部屋に巡り合うための情報サイト

暮らし×幸せ TSUNAGU

  • 運営会社情報
  • スタッフ紹介
  • 物件情報を見る
  • ご相談・ご来店予約

津田沼不動産侍の日記(ブログ)

旧友とのお部屋探し

伊藤 和輝

ハウスコネクトの社長のブログ 津田沼不動産侍の日記

 

 

こちらでは、住んだ後に喜んでいただけるお部屋を一緒に探して一緒に選んでいくために、

日々追求している行動や心構えを書いております。

 

 

 

 

午前9時

旧友が現在いる場所で待ち合わせ。

 

現地について、9時2分前になったので、『到着メール』

 

友人も外で待っていてくれた。

 

約22年ぶりくらいになるだろうか・・・。

中学校を卒業して以来、一度も会っていなかったので・・・。

 

それでも、雰囲気は変わってない!

すぐにわかった!

 

初めに交わした言葉は・・・。

 

『久しぶり!』

 

凄く普通の言葉だけど、何だか凄く嬉しかった。

 

 

車内では、終始『今どうよ?』の話。

 

22年ぶりなので、話したい事や聞きたい事はたくさんあった。

でも、何から話をしたらいいのかわからなかった。

それでも、何か嬉しかったし、楽しかった。

 

紹介したお部屋は、私のあまり行ったことないエリアだったので、

いつもと同じ様に『事前確認』は、きちんと整えた。

念のため、お部屋の写真も撮って、送ってあげた。

 

それを友人も喜んでくれていたのが、また嬉しかった。

 

 

事前確認の本当の目的は、できる限り、動く時間を短くしてあげたかったから・・・。

※これは、友人には言ってないです。

 

どの方に対しても、やる事はか変わらないし、手を抜かない。

また、それをやる目的もそれぞれのお客様にあったことをする。

 

 

理由は、

その方にとって大切なお部屋探しだから

 

 

内見は、住んだ後の事や住んだ後のイメージができるかを

二人でしっかり話しながら、3件まわった。

 

その内の2件、『住んだ後のイメージができる』で、二人とも一致。

 

検討しながら、・・・

 

いざっ!幕張のリサイクルショップへ!

 

って・・・、おいおい!

まだ、お部屋も決めてないし、審査も通ってないよ!!

 

このへんの『勢い』

あの頃と変わってないね!笑

 

 

自分が友人のためにできる事

 

何かを変わってあげたり、治してあげる事はできないけど、

お部屋や生活に関わることなら、できる事はある。

だから、今できる自分の最大限の事に全力を尽くす。

 

 

きっと、あのお部屋なら、二人で選んだから大丈夫!

関連記事

記事のリクエストを募集しています

この記事を書いた人

伊藤 和輝

私には好きな言葉があります。それは、『親身』です! 私にとって親身とは・・・。文字の通り、『親』の『身』です。親は自分の子供を……愛し、可愛がり、叱り、守り、 無償の愛情を注いでくれますよね! 私は、そんな不動産人であり続けたいのです。ですが、まだまだ未熟者ですので、一日一日を大切にし、精進していきます。

このスタッフが書いた他の記事を見る

ページトップへ戻る